愛していると言わせてくれ

オタク喪女OLの物欲と信仰と愛についての手記

サイン会は麻薬である

f:id:mmmiiz:20170829035955p:plain

こんにちは、飯塚です。

昨晩、サイン会の当選率の上げ方について書いたところ、「安易に積む人が増えたらどうするんですか!」「ボーダー上がったらどうするんですか!」というようなお叱りを方々から受けたのですが……

えっ、あの記事見て積もうと思う人、いるの……!?‬

と驚きを隠せず。。むしろ、体力ない奴はハナから諦めろの意をもって熱量高く書いたのですが……サイン会の恐ろしさ・えげつなさがいまいち伝わっていなかったようで、大変恐縮です。‬というかあの記事読んで安直にサイン会に初挑戦してみようとか思った人ってなかなか当たりづらいと思うの

また、サイン会に夢を抱きすぎている人って多すぎるのでは……?という気付きもあったので、まずはサイン会の中毒性とヤバさと苦行っぷりを知ってもらえれば、と思いカフェにて急遽このポストを書いています。冷房寒い。

 

サイン会 is 麻薬

サイン会ってほぼ麻薬なんですが、いい意味だけではなく悪い意味でも麻薬です

初めて当たった一回目はいいんですよ……メンバーが目の前にいて!こっちに笑いかけてくれて!名前も呼んでくれて!話もできて!待ってる間に写真も取れて!最高天国♡♡っていう印象しかない。なんかちょっと違和感あっても、その一瞬の逢瀬に全部かき消されてしまいます。

でも、サイン会にハマった人の実態は、数万~数十万賭けて応募しても外れるときは外れて病むし、当落待ちの間は気になって気になって何も手につかなくて病むし、当たって行けても予想だにしない嫌なことが置きたりして結局行っても病むときがある。いいことがあったらそれはそれでまた行きたくて病む。嫌いなヲタが当選して病む。そのうち推しグループの人気が出てサイン会なかなか当たらなくなってきて病む。以下繰り返し。行けば行くほど苦行が待っている(もちろん全員がこういう状況になるわけではないけど、可能性はわりと高い)。

なんで応募しちゃうんだろうとも思うんですけど、当たってからサインもらうぐらいまでの間すごい興奮状態だから、たぶん脳内麻薬でいろんなアレがアレしちゃうんでしょうね……。

そんで、こうなる原因はやっぱり「すごく楽しかった一回目のサイン会」のせいなんですよ。一回目がどんどん美化されて行くし、そのうち別のサイン会で上書きされたり。夢中になっている時はサイン会の良かったところだけがクローズされていくんですけど、場合によっては気付いたらメンタルがボロボロになっていたりします。

だから、踏みとどまるなら一回目。一回行ってしまった後は、サイン会に行く間隔とか予算をちゃんと決めないと、最終的にズルズル通うハメになります

 

 

ハイタッチと比べるから体感時間長いだけで実際の接触時間はクソ短い

そもそも、サイン会つってもメンバー1人当たりの接触時間、1分とかですよ(※個人差・グループ差あり)*1。1分。ハイタッチは秒だからそれよりは60倍とかあるかもだけれども、ハイタッチと比べたらアカン

わたしの当時の界隈はメンバー1人当たりの接触時間が最短20秒、長くても1分未満で剥がされてました。そうなってくると全員の前を通り過ぎるまでに最短2分弱~長くて5分とかです。カップラーメンかよ!ふざけんな!こっちは大金払ってんだぞ!!!でもそれがサイン会なのだ。世知辛い。

 

 

輝かしいサイン会レポの裏には死体が埋まっている

……と、サイン会に行くファンのみなさんはめちゃくちゃ荒れたり興奮したり喜んだり泣いたり病んだり忙しいはずなんですけど、そういうのを吐露するのはみっともないからと、ひっそり心の中に沈めているわけです。 

Twitterのサイン会レポを見ると、メンバーとファンがめちゃくちゃ幸せな逢瀬をしているように見えますが、あれは所詮成功者の言葉にすぎなくて、実際には爆死した人々の言葉にできない思いもたくさん漂っています

毎回のサイン会で、当然のように毎回いいことがあるわけじゃないですよ。厳しすぎるサイン会もあります。担降りが決まる瞬間がサイン会の真っ最中にやってくることもあります

ほんっと極稀に、マスターがサイン会で暴言吐いたり暴れたりして、メンバーと揉めたりしてることありますけど、まーあの精神状態で続けてればあーなるよなーっていうのは、悲しいけど分かってしまいます。

この辺の怖い話はまた別の記事に書くのでお楽しみに。実はマジで嫌~~~なこといっぱい起きてるぜ、サイン会。

 

 

虚栄心と謎の義務感は捨てるべき

ちなみに後半わたしがサイン会に行っていたのはほとんどオタク特有の意味不明な義務感、見栄、そして写真のためでした。

もはや落ちるの怖くて応募するのめっちゃ嫌だったし、推しからサインもらうのすらちょっと怖くなったりもしてたんですけど、それでも「マスターなのにサイン会の写真上げないなんて名が廃る」みたいなわけのわからない思想のせいでサイン会に通ったり、結局サイン会の時に嫌なことあって終わった後のタクシーやごはん屋さんでわんわん泣いたりしてました。じ、地獄~~~!!!!!今後こういう人が増えないといいな……。

あと、担降りの原因の中にはお金と時間なさすぎ問題もあって、それの行き着くところはサイン会だったりもしてました。サイン会行けないストレスで降りた同担もいたし。過剰なサイン会信仰は捨てるべきです。

 

 

まとめ

怖いこといっぱい書いちゃいましたけど、ファンなら誰しも「一度はサイン会に行ってみたい!」という夢は抱いていて全然いいと思っています。握手会とかハイタッチとかより長く推しと交流できる数少ない機会ですし。夢だよね。しかもたまにもんのすごい良いことあったりするし。推しが近くで見れて楽しいのは間違いない。

でも、サイン会を自分の中で勝手に義務化するとほんとにしんどくなります。しかも、頑張りすぎると、降りた後に良い記憶が風化して嫌なことばっかりが残るようになってしまいます。わたしは今その状況ですごく悲しいです……思い出そうとしても、一番最初に出てくるのはもはや辛い記憶ばかりだよ……。

そういう点で、サイン会は用法用量をしっかり守って楽しむべきですし、これから応募しようと思っている人は最悪の場合こういう意味不明な苦行ループにハマってしまうリスクを知って、応募するかしないか決めるべきだと思います。クスリと一緒で「自分だけは大丈夫」と思ってる人こそヤバいので気をつけよう。

あと、ほんとにほんとに、アイドルとの向き合い方ってサイン会だけが全てじゃないですよ……!つーかサイン会より神な現場、もっと安く入れることも多々あるから……!これは降りてから改めて強く感じたことですが。

 

ま、そういうのわかっていても応募しちゃうのがサイン会なんですけどね……。ハマってしまってるひとはどうか無理しすぎないでくださいね。 

 

 

「サイン会の当て方」について補足

「こういう方法を公開すると、サイン会の応募倍率が増えるのでは?」というお声をいただきましたが、日本のファンの中にも「読み」の文化が広がって、ボーダー値ガン無視でアホほど積む人が少しでも減れば、むしろ全体のボーダー値は下がるのではないかと個人的には思います。たとえ今のボーダーが下がらなくても、上がるスピードはゆっくりになるのではないか、と。

当時わたしは韓国人のヲタ仲間から「日本人は数字読まずにメチャクチャに積むから平均が上がる」とサイン会の度にいつも言われていました。わたし自身が数字読みにめちゃくちゃこだわっていたのはそういうコンプレックス(?)に対抗していたものでもあります。まだボーダーがそう高くない界隈のヲタは、ボーダーに寄せる努力をすることが最終的に自分を助けてくれるので、読みながら買う癖をつけると苦しみが近づくスパンがゆるやかになりますよ。韓国のファンはそうやって謎のチキンレースをしながら共存を図っているのです……。

ていうか、どうせならサイン会なんて狭いフィールドで殴り合わずに、その尊いお金を使ってもっと別の方法で幸せになりましょう……推しを長く推したい人こそ、視点を変えて長期目線で戦略を練るべきだと思います。ぶっちゃけ、全然現場に行けなくてもオキニをキープしてるファンって結構いるもんです。日本人でも。あとサポート入れるのはマジでほんとにおすすめです!!!!(サポート至上主義者)

 

とゆーわけで、サイン会で幸せブーストしすぎると廃人化して最悪担降りが早まる話でした。

 

☟具体的な不幸の事例については、こちらもご覧ください♡(死)☟

 

♡ブログの読者登録はこちら

♡お問合わせはこちら

 

*1:サイン会イベントって大体1~2時間ぐらいで、当選者100~150人ぐらいなので、人数で割ると……お察しください。新人とかだとも~ちょい長かったりするよ。あと、会場の関係で時間押しても大丈夫なところだとゆっくりやってくれたりとか。